神社仏閣のあれこれ

★おみくじ散策③★日本全国のおみくじの魅力を紹介 (≧3≦)♪

春日大社のおみくじ

春日大社:奈良県奈良市春日野町 160

春日大社は、768年に弥徳天皇の勅命によって社殿を造営した四柱の神様をお祀りしている神社です。朱の柱、白壁、自然の檜皮屋根の本殿・社殿が特徴で、年間2200回の神事が行われています。

花子ちゃん
花子ちゃん

奈良の鹿は神様のお使い…鹿みくじ

主神の武甕槌命(タケミカナヅチノミコト)は、茨城県の鹿島から白鹿に乗って奈良の御蓋山に降臨したといいます。そんな神様のありがたいメッセージをくわえた「鹿みくじ」は、伝統の一刀彫の手作りです。

猿田彦神社のおみくじ

猿田彦神社:三重県伊勢市宇治浦田 2-1-10

猿田彦神社は、天孫降臨の際に神々の道案内をした猿田彦大神をお祀りしている神社。境内には、芸能・縁結びの神様、天宇受賣命をお祀りする佐瑠女神社や京都画壇で活躍した伊藤小波の美術館もあります。

花子ちゃん
花子ちゃん

恋を応援する芸能の女神の恋みくじ

千代紙の「恋みくじ」を開くと、中にはカラフルな鈴が^^ 鈴は参拝や神楽の時に鳴らすもので、神様を喜ばせる音。神々を惹きつける音色で恋を叶える力を貸してくれそうです。

大山祗神社のおみくじ

大山祗神社:愛媛県今治市大三島町宮浦 3327

瀬戸内海を航海する人々の信仰を集めてきた大山祗神社は「せとうち・しまなみ海道」の中心に浮かぶ大三島に鎮座する全国1万326社の大山積神を祀る総本社。隣接する宝物館には、国宝の重文を含む文化財が収蔵されています。

花子ちゃん
花子ちゃん

しまなみにご利益を求めておみくじを引く

静かな時間が流れる境内で引くおみくじは、大吉、吉、半吉、末吉、凶の5種類で、和歌と本文が記載されているシンプルな内容です。神の島とも称される大三島で、樹齢2600年とも言われる大楠から力をもらい、さらにおみくじでありがたいお言葉をいただけば、きっと心もキレイに洗われます^^

一寸法師大明神のおみくじ

一寸法師大明神:大阪府大阪市中央区道頓堀 1-7-5 浮世路地

一寸法師大明神は、大正・昭和の雰囲気がにじむ繁華街・道頓堀の路地にある神社。この路地は昔、法善寺の北門通りでした。おみくじは、道頓堀商店会の会員、吉里さんが考案し、今も参拝者に人気を博しています。

花子ちゃん
花子ちゃん

目立たないけど、頼もしいおみくじ
道頓堀の喧噪から一転、路地に隠れた目立たない場所にその祠はあります。道頓堀川は一寸法師がお椀に乗って旅立った場所。小銭を入れると「よう見つけてくれはったなぁ」など毎回違う関西弁で語りかけてくれます^^

おみくじは、今の自分を一寸法師の登場人物に例えて占ってくれ、よく当たると評判です(≧3≦)

平野神社のおみくじ

平野神社:京都府京都市北区平野宮本町 1

平野神社は、平城京の宮中から平安遷都と同時に御遷都した神社。皇城鎮護の神を定めた「二十二社」の五位。魁桜の発祥としても有名で、境内の桜が咲き出すと都のお花見が始まるとも言われています。

花子ちゃん
花子ちゃん

桜形の吉凶判断と品種占いの平野桜みくじ
平安時代から桜の植樹が続く、国内屈指の名所として知られる平野神社は、約60品種400本の桜が次々と咲くので5月上旬までお花見を楽しむことができます^^

「平野桜みくじ」は、吉凶と運勢を示した桜の花の形のおみくじと、20品種それぞれの桜のイメージからメッセージを受け取れる短冊おみくじの2点セット。

貴船神社のおみくじ

貴船神社:京都府京都市左京区鞍馬貴船 180

貴船神社の創建は677年と古く、気力が生じる根源の地ととして「氣生根」と呼ばれていた時代も。今も「運氣龍昇」の神様に願いを叶えてもらおうと、参拝者が後を絶ちません。

花子ちゃん
花子ちゃん

みずの神様のお告げはいかに? みずうらみくじ
京都を潤す鴨川の源流、清らかな貴船川に沿って建つ貴船神社。この水の神様は、和泉式部にお告げをしたという逸話があります。

水に浸けると読めるおみくじの登場は、おそらくここが最も古く、近年はおみくじにQRコードが付いて、4ヵ国語訳と音声読み上げにアクセスできるようにもなりました。IT技術にグローバル化と、常に時代の先端を取り入れています^^

花のお寺 常泉寺のおみくじ

常泉寺:神奈川県大和市福田 2176

常泉寺は1588年に創建された曹洞宗の寺院。境内では300体以上のかっぱがいて、かっぱ七福神も人気^^ 四季折々の花が咲き「花のお寺」として大勢の参拝者が訪れます。

花子ちゃん
花子ちゃん

かわいらしさに秘めた水神の力

「かっぱおみくじ」はすべて手作りで、1体として同じ顔はなく、目が合ったらきっと運命の出会いかも^^ かっぱの中には、超大吉~凶と人生のアドバイスとして「かっぱのひとりごと」が書かれています。

金蛇水神社のおみくじ

金蛇水神社:宮城県岩沼市三色吉字水神 7

商売繁盛、金運円満、厄除けで知られる金蛇水神社は蛇神を祀る古社。花の社としても知られ、5月の花まつりでは富の象徴のボタン千数百株、九龍の藤、ツツジが彩りを添えます。

花子ちゃん
花子ちゃん

蛇神様が金運を連れてくる白蛇金運おみくじ

「白蛇金運おみくじ」は、金運を占う金色のおみくじです。蛇がパクっとくわえているその姿は、富を象徴する牡丹と藤の花でおめかししていて思わず頭をなでたくなる愛らしさ^^

田縣神社のおみくじ

田縣神社:愛知県小牧市田県町 152

古くから五穀豊穣、子孫繁栄、開拓の祖神として崇められている田縣神社。毎年3月15日の「豊年祭」は、槍で作られた男性シンボルの御神輿を担ぐ奇祭として世界的にも有名です。

花子ちゃん
花子ちゃん

奈豊穣を祈る子宝への賛歌 夢みくじ

愛らしい姫神と彦神のお守りがおみくじを抱える「夢みくじ」は、艶っぽい内容の和歌が男女の営みをことほぎ、各運勢は愛情と子宝に特化していて、カップルで引けば、さらに楽しめそうです^^

熊野若王子神社のおみくじ

熊野若王子神社:京都府京都市左京区若王子町 2

熊野若王子神社は、1160年に後白河法皇が熊野権現を勧請したのが始まりで、京都三熊野のひとつです。御神木の梛の葉をくわえている八咫烏が瓦などに施されています。

花子ちゃん
花子ちゃん

八咫烏みくじとレトロなおみくじマッチ

熊野シンボルの八咫烏のおみくじは、キョトンとした目つきに心が和みます^^ そして、珍しいのは「おみくじマッチ」。レトロなデザインの箱に入ったマッチを穴から降り出し、出てきたマッチの頭の色で吉凶が占える優れモノ (≧3≦)

解説くん
解説くん
今回のおみくじの知っトクばなしは…
「おみくじの吉凶の割合は?!」についてです。
花子ちゃん
花子ちゃん
元々は、おみくじには吉凶のなどなく、言ってみれば後付けなのですが、それでも、やはり最初に見てしまうのが「吉凶」の確認ではないでしょうか^^
解説くん
解説くん

気に確率はというと…「元三隊士百籤」ならば、大吉が17%、凶は30%ほどとおおよそ決まっています。

これ以外のおみくじは、種類によってまちまちで、吉凶の名前も場所によって少し違うようです。

花子ちゃん
花子ちゃん
では、凶が出たらどうすればいいでしょうか? おみくじに影響を与えた「易占い」の考え方では「何事も極端までいくと反転し、これ以上は悪くならない、あとは良くなるだけと考えて、前向きに捉えることが大切」といわれています。