御朱印の世界が面白い

先入観を吹き飛ばす!! 豪快な二面タイプの御朱印^^

花子ちゃん
花子ちゃん
御朱印は一面一面に思いを込めながら、したためて押されるもの。そんな先入観を吹き飛ばすのが二面にわたる見開きタイプの御朱印です!

解説くん
解説くん
何度でも開いて、その趣深さに浸りたくなります。ハイー!!

古峰神社(フルミネ)

解説くん
解説くん
のちに男体山をはじめとする日光山を開山した勝道上人が修行した古峰ヶ原。その地に鎮座する古峰神社は別名「天狗の社」とも呼ばれています。二面を使った御朱印は16種類もあって、それぞれに天狗の顔が描かれています。
花子ちゃん
花子ちゃん
二神社の廊下には、熱心な崇敬者から奉納された天狗の面が並んで、訪れる人を驚かせます!

今宮神社(イマミヤ)

解説くん
解説くん
八百屋お娘から徳川五代将軍 綱吉の生母にまで上り詰めた「お玉」こと「桂昌院」の氏神だったことから、玉の輿を願う女性たちで賑わう今宮神社
花子ちゃん
花子ちゃん
毎年行われる「やすらい祭」は京の三奇祭のひとつで、御朱印にも押されている花傘を中心とした行列が、踊りながら練り歩きます。

花子ちゃん
花子ちゃん
椿や桜などで飾られた花傘の下に入ると、一年間穏やかに過ごせるといわれています。