御朱印の世界が面白い

歴史上の人物たちにゆかりのある御朱印シリーズだよ☆

花子ちゃん
花子ちゃん
歴史上の人物ゆかりの寺社に立っていると、まるで時空を超えた気持ちになってきます!!
解説くん
解説くん
憧れの偉人たちとゆかりのある御朱印の登場です^^

八大神社(ハチダイ)

解説くん
解説くん
「一乗寺下り松」は、近江から都に通じる当時の交通の要衛で、宮本武蔵が吉岡一門と決闘したとされる伝説の場所ですが、武蔵は一乗寺下松に向かう途中でこの八大神社に立ち寄ったといわれています。

花子ちゃん
花子ちゃん
宮本武蔵(みやもとむさし)
最強の呼び声が高い二刀流の剣豪で、戦国の世から江戸時代初期にかけて活躍しました。

解説くん
解説くん
御朱印に浮かび上がるのは、二刀流の武蔵!境内にはカッコいい武蔵の銅像も立っています。

霊山護國神社(リョウザンゴコク)

解説くん
解説くん
京都霊山護國神社は、明治維新に尽くした志士たちを祀るたに創建された招魂社。坂本龍馬もそのひとりとして祀られています。
花子ちゃん
花子ちゃん
坂本龍馬(サカモトリョウマ)
新時代を予感して世界に目を向け、薩長連合を成立させて大政奉還に道筋をつけた立役者。
解説くん
解説くん
龍馬は、同郷で同志の中岡慎太郎とともに、京都で志半ばに暗殺さてました。誕生日であり命日でもある11月15日には、毎年この霊山護國神社で龍馬祭が行われています。

恵林寺(エリン)

解説くん
解説くん
恵林寺は武田信玄の菩提寺です。明王殿には、信玄と対面したうえで仏師が彫ったとされる不動明王「武田不動尊」を安置しています。
花子ちゃん
花子ちゃん
武田信玄(タケダシンゲン)
甲斐を中心に信濃などを治めた戦国大名で戦国屈指の騎馬軍団を指揮した軍略家です。好敵手の上杉謙信とは川中島の名勝負を繰り広げました。
解説くん
解説くん
明王殿の奥には、信玄の墓があり、信玄が師事した名僧の快川紹喜(カイセンジョウキ)が残した「心頭と滅却すれば火も自ら涼し」でも知られるお寺です

高館義経営(タカダチギケイドウ)

解説くん
解説くん
安鞍馬寺を出た源義経が少年期を過ごし、平家を滅亡させた後に兄の頼朝に追われて逃げ着いた奥州平泉。藤原秀衛のもとに身を寄せた義経が、晩年を過ごした地です。眼下には北上川を望む高館義経堂が立ち、堂内には義経の木造が鎮座し、その横に「源義経公供養塔」があります。
花子ちゃん
花子ちゃん
源 義経(ミヤモトノヨシツネ)
鞍馬寺にいた頃の幼名は牛若丸。兄源頼朝の挙兵に応じて一ノ谷の戦いや壇ノ浦の戦いで活躍し、平氏を滅亡に追い込みました。のちに頼朝のと対立し、逃れた奥州で最後を遂げたといわれています。

解説くん
解説くん
松尾芭蕉が奥の細道で、義経を偲んで「夏草や兵どもが夢の跡」と詠んだのもここ高館義経営です。

橘寺(タチバナ)

解説くん
解説くん
聖徳太子の誕生智に立つ橘寺は、聖徳太子が建立したといわれる七大寺のひとつです。
花子ちゃん
花子ちゃん
聖徳太子(ショウトクタイシ)
日本に仏教を広めた人物で、若くして天皇の代理に就任。冠位十二階で有能な人材を登用し、十七条憲法で役人の心構えを説きました。

解説くん
解説くん
境内にある二面石は、高さ1mほどの石造物で、善と悪の面相が背中合わせになっていて、御朱印の中央にも、この二面石が押されています。

松陰神社(ショウイン)


解説くん
解説くん
吉田松陰が主宰した松下村塾は、明治維新で活躍した数々の逸材を輩出しました。松陰神社の建立に尽力した伊藤博文もそのひとりです。

花子ちゃん
花子ちゃん
吉田松陰(ヨシダショウイン)
幕末の思想家。ペリー艦隊へ密航しようとして投獄され、出獄後は地元の萩で松下村塾を主宰し、高杉晋作や久坂玄随瑞(クサカゲンズイ)らを育てました。

解説くん
解説くん
故松陰の座右の銘が、孟子の教え「至誠(シセイ)」。誠意を尽くして事にあたれば、どんなものでも動かすことができる。それを今なお教えています。

解説くん
解説くん
今回の開運の知っトクばなしは…
「金運財布の作り方についてです!!
花子ちゃん
花子ちゃん
財布の中のお札の向きが大事なんです!!


まず、お札を上向きに入れると金運が上がります。

お札にしてみれば、すぐに飛び出せる体制が整っているわけですから、出入りが頻繁になるというわけです。「えーー!! 出て行っちゃうの?」と思われるかもしれませんが、お金の流れを良くすることは邪気が入るスキをなくすこと。

出て行ったお金は、再び仲間を連れてきてくれるので安心して使いましょう。

一方、上下逆さに入れると財運がアップします。財運というのは、お金以外にも資産や資産や財産などに恵まれる運のことです。

ところで、中国の「倒福」をご存知ですか?

よく中華料理店などで「福」の字が上下逆さに飾られているアレです。中華圏では、旧正月にこの倒福を飾る習慣があって「福」は「福気・福運」という意味になります。

「倒」と「到」の発音が同じことから、「福」の字を逆さに貼ることで「倒福」=「到福」という意味を表します。

お札も向きを意識することで、いい運気を呼び込めます (^O^)/

解説くん
解説くん
お札を上下逆さにすれば…財産が飛び込んでくる!!
大事なので、必ず覚えておきましょう ハイー!!