願いが叶う! 神社選び

自営業の方や独立を考えている方必見!! 経営が成功する神社ラインキング~♪

椿大神社


ご利益のワケ

お伊勢参りの正式参拝ルートとして、2番目に参拝すべき椿大神社。ご祭神は猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)で、正しい道へと導いてくれるご利益があります。

そして、注目すべきは松下幸之助社。松下電器(現パナソニック)の創業者の松下幸之助さんが生前、よく参拝に訪れ、没後は神様として祀られている、まさに経営者の聖地です。

沖田神社


ご利益のワケ

岡山藩の藩政確立に尽力した津田永忠が開拓を進めてきた地に建立した沖田神社。

末社の「道通宮」には人々のために犠牲となったおきた姫や導きの神様である猿田彦神が祀られています。

本殿の周りを自分の歳だけ回ると願いが叶うという変わった参拝法も^^

北海道神宮



ご利益のワケ

明治2年に明治天皇の詔により、開拓民の心の拠り所として創祀され、昭和39年に明治天皇を御増祀し「札幌神社」から北海道神宮へと改称しました。

6万坪の鎮守の森に囲まれた北の大地を鎮め守るお社として崇敬され、困難に挑む人をいつも見守ってくれています。

光丘神社


ご利益のワケ

「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に~」と歌にも詠まれた酒田の豪商・本間家。その三代目の光丘氏は、商人の枠を超えて庄内藩財政の再建に取り組み、その功績が認められて建立されたのがこの光丘神社です。