願いが叶う! 神社選び

美は女性の永遠の願い!! そんな願いを叶えてくれる神社を一挙公開♪

富士山本宮浅間大社


ご利益のワケ

ここは東海地方最古の神社であり、全国約1300ある浅間神社の総本社で富士山を神体山としています。境内にある湧玉池は富士山からの湧き水でできていて、特別天然記念物に指定されています。

主祭神の木花之佐久夜毘売命(コノハナノイクヤヒメ)は、とても美人だったといわれ、数あるご利益の中でも特に「容姿端麗」が有名です。

美御神社



ご利益のワケ

全国に約2300ある八坂神社の総本社。1400年近い歴史があり、西門や本殿は重要文化財に指定されていています。境内の美御前社には、宗像三女神という3柱の美しい女神様が祀られています。

社殿の前に湧き出るのは、肌と健康はもとより、心まで美しく磨かれるといわれる「美容水」なので2~3滴を手に取って肌につけてみましょう。

豊満神社

ご利益のワケ

「古事記」や「日本書紀」に記載される三韓征伐の際、神功皇后の軍が近辺の竹で軍旗を作って勝利を収めたことから勝運の「旗神様」として知られるように。

やがて、その社名から女性の容姿向上、美人祈願などにもご利益があるとして知られるようになりました。

河合神社


ご利益のワケ

河合神社は下鴨神社の境内社。ご祭神は女性の守護神でる玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)で、古くから美の神様として信仰されていて、安産、育児、縁結びのほか、学業や長寿の神様とされています。

河合神社の絵馬は日本古来の柄鏡を模している「鏡絵馬」。描かれている顔を自分の顔に見立ててお化粧をし、裏面には願い事を書き入れます。

厳島神社


ご利益のワケ

厳島神社のご祭神・市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)の分身が「美人弁天」で、全女性の健康、長寿、美を司る神様といわれています。

参拝者全員に配られる「美人証明」と呼ばれるお守りは女性に人気です^^

鶴嶺神社


ご利益のワケ

島津氏歴代の当主や家族を祀っている鶴嶺神社。16代当主の島津義久の三女・亀寿姫は、その美貌から鹿児島の美の神様として慕われています。

末長い美を守る「島津美人御守」も人気おアイテムです^^

御座石神社

ご利益のワケ

ご祭神である絶世の美女・辰子の玉の輿伝説に由来します。隣接する田沢湖半には4体の辰子像があり、その中の1体は下半身が龍になったと伝えられています。

女性には嬉しいパワースポットでもあり、信仰すれば美人になるといわれています^^

女躰神社


ご利益のワケ

その昔、洪水に悩む村を救った女性を祀る神社。女性の守り神として、安産や縁結びなど女性ならではの悩みにご利益があると伝えられています。

高尾稲荷神社

ご利益のワケ

ご祭神は、美貌と諸芸に秀でた遊女の二代目高尾太夫。美貌だけでなく、書などあらゆる芸に秀でていた彼女の神霊(実物の頭蓋骨)は、今も社の中に安置されています。

鷹取神社

ご利益のワケ

鷹取神社のご祭神は木花夜姫命。第1位で紹介した富士山宮浅間大社と同じご祭神ということもあり、ご利益はお墨付き!! 熱心に参拝すれば、きっと美人になれるはず^^