悪縁を絶つ良縁寺社

★金刀比羅宮★四国一番の縁切り・縁結びの霊場!!

金刀比羅宮とは

昔から「こんぴらさん」として庶民に愛されてきた香川県の金刀比羅宮は、表向きは海の安全を守る神様ですが、いつの頃からか『縁切りの神様』とささやかれるようになりました。
京都の安井金比羅宮をはじめとして、全国に数多くある金刀比羅宮の総本山です。

本殿までの786段の長く急な石段を上った象頭山中腹にそびえ建っています。ただ、786だと「なやむ=悩む」になってしまうことから、一段下がり785段になっているとか。

ご祭神は大物主命。出雲大社と同じで、その人に合わない縁は切り、その後正しい縁を結んでくれます

人との縁だけでなく、病気や災難・前世との縁・欲望・悪癖など、悪しきものすべてを断ち切る力があり、年末年始は全国から多くの参拝者が訪れる四国一番のパワースポットです。

魔除けとされるウコンを染料として染めた「幸福の黄色いお守り」は、ここ香川の金刀比羅宮でしか手に入らないので、授かりに来る人が後を絶ちません。

近くには、『日本の100名白』にも選ばれた丸亀城が日本一小さい天守を見せていて、天守からの眺めは最高ですので〝こんぴら〟さんで悪縁を切っていただき、良縁をもらって身も心も軽くなったら、ぶらりと探索してみてはいかがでしょうか^^

花子ちゃん
花子ちゃん
「縁ってなんだろう?」と思ったら読んでみよう。
これは知っておきたい…良縁と悪縁のおはなし!!

解説くん
解説くん
今回の知っトクばなしは…
「自己否定をやめて自分を褒めよう!!」です。

人と良好な関係を築くためには、まずは自分自身を愛することが不可欠です。特に恋愛で「興味のない人にばかり好かれてしまう」という人は要注意。

自己肯定感が低いことで、邪気が芽生えダメな自分」に合う相手を自ら引き寄せている可能性があります。

そんなときに効果的なのが、24時間自分を褒める邪気祓いです。

祓い方は簡単。「トイレ掃除をしている私ってエライ!!」「ごはんを美味しそうに食べている私、カワイイ!!」など、自分の行動を褒め続けましょう

というのも、私たちは一日中自分の粗探しをしては、自分自身をけなしていることがあります。そうしたネガティブな想い癖があると、邪気によってまた同じような状況を引き寄せてしまいます。

「また上司に怒られた」という思いが、さらに怒られるような状況へと導いてしまいますので、怒られても「私はなんてダメなんだろう」ではなく、「素直に反省している私ってエライ!!」など、考え方を変えて自己否定モードを入れるのを防ぎましょう。

解説くん
解説くん
自分を愛せないと…
邪気に愛されてしまいます ハイー!!