悪縁を絶つ良縁寺社

★御井寺 縁切りの塔★三姉妹の悲恋物語が伝わる古今和歌集由来のお寺!!

縁切りの塔とは

福岡県の久留米にある天台宗のお寺・御井寺。縁切り願掛けのスポットとして広く知られる境内の「縁切りの塔」には、次のような悲しい物語が残っています。

今を去る平安時代、京で名高い琵琶法師・蝉丸(セミマル)は芸妓と遊んだことから都を追われ、久留米に落ちて来ました。

蝉丸は歌人でもあり、「百人一首」の、ーーこれやこのゆくも帰るも別れては、知るも知らぬも逢坂の関ーーの作者でした。

ところが、彼を慕って都から三姉妹の芸妓があとを追って来ましたが、悲しいことに蝉丸は罪を許され、都に戻ってしまいます。三姉妹は帰る旅費がなく、泣く泣く久留米で遊女になったとか。

この塔には古今和歌集にある蝉丸の歌、「逢坂の 嵐の風は寒けれど ゆくへ知らねば わびつつぞ寝る…」が刻まれていることから、ここは別れ・縁切りの霊場となりました。

悲しい伝説や別れの歌の影響もあって、古くから、この石塔を削って石片を飲むと縁切りが叶うとされ、削られた跡が残っています。はるばる京都から好きな男性を追って来る…なんて切ない乙女心ですね…(TεT;)

花子ちゃん
花子ちゃん
「縁ってなんだろう?」と思ったら読んでみよう(≧З^)/ 見えない不思議な力…神様とご縁のおはなし!!
解説くん
解説くん
今回の知っトクばなしは…
「邪気を宿した髪を切るについてです。
花子ちゃん
花子ちゃん
失恋やリストラなど、最近ショックな出来事があった人におすすめです^^

カラダの中で特に邪気が溜まりやすいのが髪です。

日本では古来より、髪は同じ発音の「神」に通じるものと考えられ、生命力の象徴やその人の魂が宿るものとされてきました。

ホラー映画の呪いをかけるシーンや、霊的な儀式を行う場面で、人の髪の毛が使われている見たことがあると思います。

日常生活の中でも「失恋をすると髪を切る」という人がいますが、これは単に気分を変えるだけではなく、髪に溜まった邪気を落とすことができる点でも効果的です。

ネガティブな気が溜まった髪を切り落とせば、また新しい自分に生まれ変わることができます。とは言え、必ずしも長い髪をバッサリ切る必要はありません。

少し毛先を揃えたり、カラーリングやパーマなどでイメージチェンジをする場合でも効果は期待できます。

艶やかな髪には、邪気を跳ね返すチカラがあるので、毎日のお手入れも忘れずに (^0^)

解説くん
解説くん
髪と一緒に、邪気との縁も断ち切りましょう!!