悪縁を絶つ良縁寺社

★浮島熊野坐神社★水面に浮いたように建つスピリチュアルな神社!!

浮島熊野坐神社とは

熊本で親しみを込めて「浮島さん」と呼ばれている浮島熊野坐神社は〝浮く〟ということから、悪い運気が消えて運が上がるといわれ、信仰されてきました。

正確には島ではなく、池に突き出た半島のような場所に神社が建っていて、対岸から眺めるとまるで水面に浮かんでいるように見えます。

伊弉諾命(イザナギノミコト)と伊弉那美命(イザナミノミコト)の夫婦神が祀られていることで、縁結び・夫婦和合・安産や子育ての神社として敬われてきたことから、縁切り祈願のスピリチュアル・スポットにもなっています。

そして縁切り祈願の人に人気が高いのが、神社の神事人形流しです。願いを込めた人形を水に流せば、一緒に悪い縁も洗い流せるとされています。
男女の縁だけでなく、誰にでも悪癖の一つぐらいはあるもの。

完璧な人間なんていません。気持ちの持ち方で運は開けるものなので、あまり自分を追いつめないようにしましょう。

花子ちゃん
花子ちゃん
「縁ってなんだろう?」と思ったら読んでみよう。
見えない不思議な力…神様とご縁のおはなし!!


解説くん
解説くん
今回の知っトクばなしは…
「邪気を生むお金への想い込み」についてです。

花子ちゃん
花子ちゃん
お金を使うことに罪悪感がある人にピッタリなおはなしだよ^^

お金を使った時に「分不相応なものを買ってしまった」とか「こんなに買い物をして大丈夫かな」など、後ろめたい気持ちになったことはありませんか?

「清貧」という言葉があるように、日本には昔から人前でお金の話をすることや、お金を欲しがることをはしたないと感じる文化があります。

しかし、お金を使うたびにネガティブな気持ちを抱いたりしていると、その気持ちがお金に伝わって、自分のもとにお金が入ってこなくなります。

せっかくお金を使うなら、楽しむことが大事です!! 人にご馳走するときも、払うときはケチケチせずに喜んで払いましょう。

そうすることでお金にも良い気が伝わり、次第にお金の流れが良くなっていきます。

反対に「ケチだと思われたくないから」という見栄でいやいやおごっていると、ネガティブな気持ちをお金に発することになり、邪気を感じたお金が「この人のもとにいるのはやめよう」と、逃げて行ってしまいます。

お金を受け取る際も喜んで受け取ることが大事で、謙虚が美徳とされる日本では、差し出された際に「結構です」と断ってしまうことがありますが、これはお金に対し「必要ない」と拒絶しているようなもの。

お金をもらうときや、おごってもらうときなどは、感謝の気持ちを込めて素直に受け取りましょう。

お金に対する考え方には、育った環境が大きく影響しています。

子どものころ、親から「お金は汚いもの」とか「お金を欲しがるのは品がないこと」などと教えられた人は、無意識のうちにお金に対して邪気を放っている可能性があります。

どうして自分がそういう思い込みをしているのか、原因を探し、修正することが重要です。

たとえば「お金は汚い」という思い込みは、お金が不特定多数の人に触られているものというイメージ結びついているケースがほとんどです。

確かに衛生的ではありませんが、いわゆる「汚職」などのような、不正や悪いことという意味ではありません。お金とは、もとは普通の紙切れです。

そこにいろいろな意味や想いをつけて、邪気を発しているのは人間のほう。

「汚い」「嫌い」という邪気を発するのをやめれば、お金も自然に飛び込んでくるようになるでしょう (^0^)/

お金の邪気祓いチャック

以下のような考え方をしていないかチェックしてみましょう。ひとつでも当てはまれば、お金に対して邪気を発しているということ。

なぜそう思うようになったのか、本当にそうなのか、自分の感情ときちんと向き合うことで、お金に対してポジティブな気持ちを持てるようになりましょう。

チェック 1 お金は汚いものだ
チェック 2 お金を稼ぎ過ぎると性格が変わる
チェック 3 お金を稼いでいる人は性格が悪い
チェック 4 人前でお金の話をするのは良くない
チェック 5 お金を欲しがるのは良くないことだ

解説くん
解説くん
自分の思い込みに気づいてお金と和解をしましょう!!