悪縁を絶つ良縁寺社

★末吉宮★訪れた人には、南国チックな沖縄風チャンプルー(福の混ぜこぜ)のご利益が舞い込む?!

未吉宮とは

よく沖縄を知らない人は「え?! 沖縄に神社があるの?」と驚きますが、那覇にもお寺や神社はあります。

琉球王国として栄えた沖縄は、日本・中国・琉球の文化が混ざり合った独特な雰囲気。美しい石畳が続き、いまでも古都の面影が残る首里に建つのがこの末吉宮。ここには「琉球神社」と呼ばれる神社があり、沖縄では有名な縁切りスポットになっています。
那覇空港から乗ったゆいレールが終点の首里に近づくと、ここが那覇とは思えない鬱蒼とした森が見え、その森の奥深くにあるのが末吉宮。誰もが「何?コレ!!」驚く、琉球石灰岩の上に祀られる、この南国チックなお宮は、琉球王国の最盛期に建てられました。

お宮に祀られているのは伊弉冉命(イザナミノミコト)をはじめとする日本の神様。なぜか、琉球八社のご祭神はすべて紀州熊野三山の神様で、末吉宮はそれに加えて「縁切り神」として知られる事解男命と速玉男命の二神。さらに、この土地の神々が祀られています。

亜熱帯風の緑濃い森の中にひっそりと建つ末吉宮は、一見の価値あり!! 沖縄でもっとも格式の高い「波上宮(ナミウノウエグウ)」と合わせて参拝すれば、神々が喜んで沖縄風チャンプル(福の混ぜごぜ)のご利益に授かれるはずです^^

花子ちゃん
花子ちゃん
「縁ってなんだろう?」と思ったら読んでみよう。
見えない不思議な力…神様とご縁のおはなし!!

解説くん
解説くん
今回の知っトクばなしは…
「気分が沈む=カラダのサイン」についてです。

朝起きたとき、わけもなく気分が苦しく、どうしようもなくやる気がでないことは誰にもあると思いますが、それはカラダが発信している危険信号かも知れません。

邪気の溜まったカラダが限界を感じている証拠なので、無理しないで休息しましょう。

休むことをまるで悪だと思っている人も多いようですが、休息はエネルギーチャージのために必要な時間。心や身体は自分が意識しているよりずっと敏感なので、その声を無視してはいけません。

もし無視してしまうと、解消できない疲れや不調がさらに邪気となって体内に溜まり、どこかでダウンしてしまいますので、これといった理由がないのに気が向かないときこそ、しっかりと身体を休ませることが大切です。

反対に「苦手な人に会いたくない」とか「面倒な仕事をしたくない」など、気分がのらない理由が明確にある場合は別です。イヤなことから逃げていても解決しないので、ちゃんと自分と向き合っみましょう (^0^)/

解説くん
解説くん
邪気警報を受け取ったら…
無理せず休みましょう ハイー!!