悪縁を絶つ良縁寺社

★大杉神社★〝悪縁切りのかわらけ〟を割って悪縁を追い払う!!

大杉神社とは

「アンバ様」と呼ばれて、年間に50万人も参拝者が訪れる大杉神社は、ユニークな悪縁切りの作法で知られています。
本来は願いを叶えてくれる神社「夢むすび大明神」として信仰されていましたが、夢を叶えるためには悪い縁を捨てなければならない…ということから、悪縁切りの作法『悪縁切りのかわらけ』が生まれました。

まず参拝者はご祭神にお参りしたあと、買った素焼きの杯に縁を切りたい相手の名前を書き、その杯を割ることで悪縁を断ち切るとか…

もちろん、人間関係だけではなく、ギャンブル好き、大食い、ネガティブ思考…などの自分の悪い癖も断つことができます。

正式には大杉神社境内の悪縁切の斎庭で杯を割って、砕けたカケラを斎庭にまくっか、自宅の玄関先で心の中で願い事を唱えながら割るとご利益があるそうです。

今まで神様にいくらいい縁を祈願してもさっぱり運が開けないという人は、ぜひ一度お試しください^^

大杉神社に来たら、おみやげでオススメしたいのが、大杉神社手前の新古渡橋そばにある鴻野菓子店さんの名物「こうのの大福」です。ふわふわのお餅の中に、甘さ控えめのあんこがぎっしりと詰まっていて美味しいです~ (≧▽≦)

花子ちゃん
花子ちゃん
大杉神社の悪縁断ちのご神木を待ち受け画面にして幸運を呼び込んでみる?
解説くん
解説くん
今回の知っトクばなしは…
「御朱印を集めたら願いは叶う?」です!!
花子ちゃん
花子ちゃん

御朱印そのものにはご利益はありまえん。しかし、多くの神社を巡ることで、願い事を叶えるより強いパワーをいただけるとも考えられています^^

解説くん
解説くん
御朱印が多いほど、良縁に恵まれやすいと言えるので、たくさん集めましょう。ハイー!!