悪縁を絶つ良縁寺社

★橋姫神社★男女の悪縁や病気・苦しみ、悪癖を断ち切り、清らかにしてくれる!!

橋姫神社とは

橋姫神社は、京都宇治川の近くにひっそりと建つ小さなお宮です。

宇治橋の西側・あがた通りの鳥居をくぐると左手に社が見えてきて、神話に登場する「橋姫さん(瀬織津姫)」と呼ばれる女神が祀られています。
昔から縁切りに効果のあるパワースポットとして、三角関係に苦しむ多くの女性に信仰されてきました。

橋姫とは、哀しくも恐ろしい伝説の女性…
平安時代の京都、とある公家の姫が自分を捨てて他の女に走った男を恨むあまり、京の貴船神社に7日間籠って願掛けをしました。

やがて「宇治川に21日浸かれ」という神のお告げがあり、お告げ通りにした橋姫は生きながら鬼と化し、裏切った男と相手の女性を八つ裂きにしたとか…((゚Д゚ll))

橋姫は非常に嫉妬深く、宇治橋を恋人同士で渡ると仲を裂く…と怖がられ、源氏物語「宇治八帖」にも描かれました。

そのため、浮気や不倫、男女関係の悪縁を断ち切ってくれる女神として名高く、昔からたくさんの女性たちが願掛けに訪れています。

花子ちゃん
花子ちゃん
「縁ってなんだろう?」と思ったら読んでみよう(≧З^)/ これは知っておきたい…良縁と悪縁のおはなし!!
解説くん
解説くん
今回の知っトクばなしは…
「神社の狛犬と狐の役割は?」についてです。
花子ちゃん
花子ちゃん

狛犬と狐の両者は役割が違います。狛犬は神の聖域である神社を守る番犬のような存在で魔除けを担当していて、狐は稲荷神の使いで特別な能力を持っていると考えられています。

解説くん
解説くん
狛犬は魔除けで狐は神の使い…いろいろな意味があるんですね~ ハイ!!