神社仏閣のあれこれ

★神社数ランキング★一番多い神社はあの神社だった?!

花子ちゃん
花子ちゃん
それぞれの神社には同じ神様が祀られている場合があるけど、どうしてだと思いますか? これは神様の霊はいくつにも分けられているという考えからきているんです。
解説くん
解説くん
神霊を火に例えると、火というのはいくつにも分けられますが、分けたからといって元の火がなくなるわけではありません。 このように本社に祀られている神様の霊を勧請して、分社がどんどん増えていったのが現在の神社の姿です。ハイ!

日本の神社数ランキング

解説くん
解説くん

第1位 稲荷神社
全国に約3万2000社!!

京都の伏見稲荷大社を総本社とし、江戸時代に商売繁盛の神として庶民の間に爆発的に増えた神社です。江戸の町に多いものとして「伊勢屋、稲荷に犬の糞」という言葉もあったほど^^ 名もない小祠を含めたら、なんと4万社以上とも!!

花子ちゃん
花子ちゃん

第2位 八幡神社
全国に約3万社!!
稲荷神社と肩を並べる程の数の多さです。大分県の宇佐美神宮を総本社として、武家の崇敬を受けて、京都の石清八幡宮、鎌倉の鶴岡八幡宮など全国のあらゆる地域に広まっています。

解説くん
解説くん
3位 神明社・天祖社・皇太神社
全国に約1万8000社!!
日本の総鎮守である伊勢神宮・内宮から分祠された天照御大神を祀る神社。伊勢信仰は中世以降、全国に広がりました。
花子ちゃん
花子ちゃん

第4位 天満宮・天神社
全国に約1万社!!
北野神社、菅原神社などの名称も。京都・北野天満宮、福岡太宰府天満宮、東京・湯島天満宮(湯島天神)など、天神様を祀る神社には有名なところがたくさんあります。

 

解説くん
解説くん

第5位 厳島神社・宗像神社
全国に約8500社!!
福岡県の宗像大社、広島県の厳島神社、神奈川県の江島神社などですが、弁財天として祀られている系列神社を含めるともっと多くあります。

 

花子ちゃん
花子ちゃん

第6位 八坂神社・津島神社・氷川神社
全国に約5600社!!
スサノオ尊を祀る神社は、京都の八坂神社をはじめとして、いろいろな名称があります。神仏習合時代の祇園社、天王社という呼び名が残っているところも。

 

解説くん
解説くん

第7位 諏訪神社
全国に約5000社!!
長野県の諏訪大社を総本社として、中部、北陸、関東などに多くあります。

 

花子ちゃん
花子ちゃん

第8位 日吉神社・日枝神社・松尾神社
全国に約3800社!!
総本社は滋賀県の日吉大社。天台宗と結びついた「山王さん」という呼び名もまだ残っています。

 

解説くん
解説くん

9位 熊野神社
日本全国に約3100社!!
和歌山県の熊野三社から、中世に熊野信仰を広める御師たちの活動で全国に広がりました。

 

花子ちゃん
花子ちゃん

第10位 白山神社
全国に約2700社!!
総本社は石川県の白山比咩神社。岐阜県、石川県、新潟県などから全国に広がりました。

解説くん
解説くん
今回の知っトクばなしは…
「商売繁盛ならお稲荷様とエビス様」です。
花子ちゃん
花子ちゃん
金運にも繋がる商売繁盛は、人気のご利益のひとつ。そんなありがたいご利益をもたらしてくれる稲荷様とエビス様っていったい何モノ?!

豊穣のお稲荷様と豊漁のエビス様

もともとお稲荷様は「農業の神」で、五穀豊穣をもたらす神として古くから信仰されてきました。商売繁盛の神性が加わったのは、商業が盛んになった室町時代の頃だとか…

以来、農業とともに商業の神としても祀られ、現在、稲荷大社を御祭神とする稲荷神社は、なんと全国に3万2000社も存!!

よく稲荷神と狐は同一視されていますが、これは「穀物を食い荒らすネズミを捕食する」などの理由から狐が「稲荷神の使い」に位置付けられたことがきっかけといわれています。

解説くん
解説くん

通常の寺社は本殿や本堂のお守り役として「狛犬」が置かれていますが、稲荷神社では、稲荷神の使いの「狐」の像が置かれていることが多いです^^

一方、七福神の一柱として有名なエビス様は、釣り竿と鯛を抱えているお馴染みの姿からもわかる通り「豊漁の神」です。しかし、エビス様もお稲荷様と同じように、室町時代に商売繁盛の神性が加わって今のようになりました。